外国人就労(在留資格)に新たな追加分野検討

人手不足を補う外国人の就労(在留資格)について、

これまで想定していた

建設、介護、農業、宿泊、造船の5分野

に加えて

 

金属加工業、食品加工業、漁業、外食産業など

新たに約10分野ほどを加える方向で検討。

 

西日本新聞記事より

 

日本人だけでは足りない仕事に外国人が入ることで

人手不足の解消になることは良いですが、

それに伴い現場ではいろいろと課題もあると思います。

 

現場の意見を最大限取り入れて、

現場目線の、現場が喜ぶ、現場のための

法律や制度を創って頂きたいものです。

 

 

福岡の転職キャリアコーチ kuni

福岡の転職相談キャリアコーチング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です