九州の主要企業の春の採用計画は上昇傾向

九州の主要企業の採用計画の推移

2017年春 増やす  ⇒  32.4%

2018年春 増やす  ⇒  37.5%

2019年春 増やす  ⇒  38.1%

と上昇傾向です。

人材獲得は競争激化

計画通りの人数を採用できない

採用計画を下回る企業も。

2019年春の採用アンケートで

採用を増やす理由で最も多いのは

今春、入社人数が計画を下回った、

という理由だそうです。

学生も大手の希望が多く、中小企業には

なかなか厳しい状況もあるみたいです。

(西日本新聞 2018年4月29日 朝刊より)

西日本新聞 ネット記事はこちら

学生は何を基準に選んでいるんでしょう?

企業の安定性、収入、福利厚生、仕事のやりがい

大きい企業、社歴のある企業などは、

安定して働けるというイメージなんでしょうか。

入って、働いてみないと働きやすいか、

人間関係は良いかどうかわかりませんが、

転職する理由は、その人間関係が

一番影響するように感じます。

まったく別な仕事をやりたい場合は別ですが、

それ以外は、いろいろと表向きの退職理由を

述べますが、本音を言えば、

人間関係が非常に大きいのではないでしょうか。

ただ、それは、本当に働いてみないとわからないことであり、

書面で提示される条件では、判断できないことで

難しい問題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です